あなたは大丈夫?周りに「イタイ」と思われているガチ婚活女子の特徴3

婚活に励む女子の中には、
応援してあげたくなるタイプもいれば、痛々しいと感じるようなタイプも。

そこで、今回は周囲から「イタイ」と思われている
婚活女子にありがちな特徴を3つご紹介します。


1.自分の条件に合う男探しに必死

自分の中で理想の条件を掲げるのは自由ですが、
その条件に合う人を探すのに必死になっている女子の姿はとても怖い。
例えば、合コンに行けばまずは顔の選定、
続いて勤め先、そこから年収の予測など。
一緒に行った友人が引いてしまうくらい優良物件探しに必死なのです。

また、友達からの紹介を受けても、
「イケメンでないと無理」「年上がいいけどおじさんは無理」
「年収がこれくらいないと厳しい」など。
自分が掲げる理想と一つでも合わないと無条件でパス。
もしかしたら良い出会いだったかもしれないチャンスを
ミスミス逃すのです。

婚活をするにあたって明確な条件を掲げているのは悪いことではないですが、
その条件にとらわれて必死に相手を探している姿には、
痛々しさを感じることもありますよね。


2.婚活につながらないお誘いはすべて不参加

「女子会に誘っても来ない」
「BBQに誘ったら男女比を聞かれた」など、
出会いが見込めない会には一切参加しないという独身女性がいるようです。

例えば、男性も参加するBBQだとして、その中には既婚者のほうが
多いと分かったとたんキャンセルしてくる強者も。
彼女たちが参加しない理由はただ一つ、
婚活以外に割く時間もお金ももったいないと思ってしまうのだそう。

真剣に婚活するのはいいことかもしれないけれど、
露骨すぎて痛々しいと思われてしまいます。
婚活にはお金も時間もかかるけれど、
だからと言って友達づきあいがいい加減になると、
痛々しさを感じさせてしまうこともありますよね。
気をつけましょう。


3.無理なキャラづくりに違和感

婚活を始めた途端に、清楚系ファッションを着始めたり、
メイクやヘアスタイルをナチュラルにしてみたり、
それまではガサツ系キャラだったのに一変いして
急にお嬢様系キャラに転身。
このTHEモテ女になるために過度に自分を作りすぎると
周りはそのギャップにドン引きです。

婚活をする際には、モテキャラを演じるのもテクニックですが、
自分を偽り過ぎると失敗するので要注意。

必死で婚活をしている女子ほど、周囲からの評価を気にしなくなり、
自分では婚活を頑張ってるつもりでもなぜか空振りが多い結果に。
こんなことにならないためにも、
痛々しいと思われる行動や発言には気をつけましょうね。