【こじらせ女子に贈る】最高の自分になるための方法

人と比べても仕方がないと頭ではわかっていても、
会社という組織で仕事をしていると、
どうしても近くにいる人と比べてしまって自分に自信が持てない。
もっと自信を持ちたいという気持ちは、多くの人が持っている悩みです。
この悩みは、女性に多いかもしれないですね。

何をするにも不安を感じながら行動しなければならず、
何か新しいことに挑戦する気持ちにもならず、
なんとなく毎日が苦しくなってきます。

しかし自信は意外なほど簡単に手に入れることができるかもしれません!
今回は「自信を手に入れる方法」をご紹介します。

1.自分の目標を明確にする

周囲と比べてしまい、自分が嫌になってしまうときは、
人生の目標を明確にしてみましょう。
自分の目標が本当に明確になれば、周りと比べる意味がないことがわかると思います。

日本の女性は自分が何者かになるよりも、
周りと同じでいたいという欲求が強いのだそうです。

でも、みんなと同じがいいというマインドでいると、
今度は「自分らしさがない」ということで悩んでしまうと思います。

なので、自分の目標、自分はこうなりたい!
というものにフォーカスすることがポイントです。

人と比べることは、決して悪いことではないと思いますが、
その時に私はダメだと劣等感をもつのではなく、
あの人のいいところを取り入れてみよう!
と教材にすることがポイントです。
真似をしてみることで、その人のいい部分を自分に取り入れるのです。

2.なぜそういう気持ちになるのかを言語化する

自分がどうなりたいかをきちんと考えることは、とても大事なことです。
他人と比較したときに、
それに対してなぜ劣等感を持つのか?
なぜ、自分の心が動くのか?
と言語化している人は少ないのではないでしょうか。

例えば、
Aさんと比べて、自分のどこが嫌なのかを考えます。
髪がキレイで羨ましいのであれば、
美容院に行くことで解決できるかもしれません。
彼氏がいて羨ましいのなら、どこで出会った、
お付き合いで工夫していることなどを教えてもらうのもいいと思います。

劣等感という言葉はネガティブだけど、
比較相手の何に羨ましいと感じているのか?
きちんと言語化すると、自分にとって新しい問題解決にもなるのです。

3.モチベーションを保てる環境に身を置く

なぜ悩んでいるのかを言語化して整理してみると、
客観的に物事を考えられて頭がスッキリします。

また、人と比較するというよりも
自分自身にコンプレックスを持ってる人も多いと思いますが、
劣等感やコンプレックスは持っていても良いのです!
それを克服するための行動は、自分にとってプラスになるからです。

頑張るためのモチベーションをもつことが、これからの時代に必要になります。
だからこそ「こうしたい」「こうなりたい」
というモチベーションがその人らしさに繋がるのではないかと思います。

究極は、自信は必ずしも必要ではないとも思います。
それよりも、「失敗しても大丈夫」と思う気持ちのほうが大事です。

失敗を恐れていると、今の自分にできることしか選ばなくなってしまいます。
成功している人は、失敗しても平気だという強い意志をもって、
できないことをたくさんやってきた人。

やってみて、失敗してもネタになるくらいに思い、
挑戦していくモチベーションこそが、力の源になります。
そして、失敗しても自分のことを好きといえる人が、
自信を持っているように見えるのだと思います!

つい人を羨ましく思ってしまう時は、まず自分を見つめ直してみましょう。
羨ましく思うだけでなく、行動してみると新たな発見があるかもしれません。