【もっと身近に】フランス人から学ぶホームパーティーの秘訣

大人になると、新しい友達はできにくい…
そんな風に思いがちかもしれませんが、
フランスでは、むしろ年齢を増すことに、
出会いの機会が増えていくのだそうです。

なぜか?
フランス人は家に人を招くことは日常茶飯事。
また、ホームパーティーを開催するのも大好きな国民なので、
そういった価値観同士の人が自然といろいろな会に参加し、
仲良くなってどんどん輪を広げていきます。

しかし、日本で友達を家に呼ぶとなると、
事前の準備や当日の役回りに気を遣ってしまったり、
テーブルセッティングや飾りつけにこだわるものになると
準備にかなりの時間を要することになりませんか?


ですが、フランス流のホームパーティーは
「無理せず自然体で」ということが掟です。

例えば料理を準備するにしても
日本だと品数が多い印象ですが、
フランスだとメインをひとつ、
あとは小さい料理をいくつか用意するぐらいです。

そのため、ワインばかりで食べ物がない!
逆に食べ物ばかりで飲み物が尽きた!!
なんてことがしょっちゅう。
それも笑って済ませ、後から来る人に
ちゃっかり買い出しを頼んでしまうのがフランス人。

もちろん、かしこまったホームパーティーのように、
主催者側が準備を整えておく場合もあるにはあります。

しかし、それは特別な場合のみ!
友達同士のパーティーでは、
招待する側が全ての段取りを整えるようなおもてなしは不要です。
だからこそ、気を張らずに日常的にお互いの家を行き来できるのですね。

さらに、想定していた人数より増えたり減ったりするなんて当たり前。
「行くって言ったけど行けなくなっちゃった」というパターンに始まり、
「あなたに紹介したかったから、連れてきたよ」と、
全く見知らぬ人が増えていく場合も。
こうして知らず知らずに友達の輪が広がるのです。

日本とは、真逆のフランス流のホームパーティー。
私たちもフランス人になったつもりで、
思いっきりホームパーティーを楽しみましょう!