【やっぱり泣ける】失恋したときに聴きたい曲!堂々の1位はあの曲!

いつも一緒にいた彼氏や彼女との別れや、
告白して振られてしまった、好きな人には他に好きな人がいた、
などさまざまな形の「失恋」がありますが、
切なくて苦しいときは、とにかく思いっきり泣きたいですよね。

そんな時、自分の心境にピッタリな歌詞の曲や、
切ないバラードを聴くと心がギュッとなって自然と涙があふれてきます。

今回は、20~30代の女性が聴きたい失恋ソングの
おすすめ曲をTOP5でご紹介します。

第5位『もう恋なんてしない』 槇原敬之

この曲は女性も男性も共感できる、永遠の失恋ソング代表格!
「聴いた後、失恋しても、恋愛はまたしたいと思えるところ」
など前向きになれるような曲です。

第4位『さくらガール』 NEWS

学生時代を思い出させる歌詞や疾走感のある曲調が人気。
恋のはかなさがつづられた一曲です!
「悲しすぎないところがいい」
というようにこちらも悲しくなるというよりは前を向けるような素敵な曲です。

第3位 『Pretender』 Official髭男dism

曲調はどちらかといえば明るく前向きなので、
聴いた後に元気になれるようです。
「付き合っている人が運命の人でなくても、素敵な人だと称賛する歌なので、
聞いていて前向きになれる」
「『君の運命の人は僕じゃない』という歌詞が切なすぎる。
一度は惹かれ合って一緒にいたのに、そう思ってしまうことに共感できる」
など共感ポイントが多くあるようです。

第1位『366日』 HY と『NAO』 HY
HYといえばこの2曲!同率1位でした。

『366日』は、好きな人が忘れられない気持ちを高らかに歌い上げるサビで、
どっぷり切ない気持ちに浸ることができます。

「サビのところが好きです。元彼の匂いは、今でもやっぱり忘れられない」
「サビの部分が共感できて泣けました」
やはりサビに共感する人が大多数でした。

またもう1曲の『NAO』は、叶わぬ恋を歌った切ない歌です。
傷つくと分かっていても、報われないと分かっていても、
好きな気持ちを抑えられない心の叫びがとても染みる1曲。

「誰にでも当てはまる歌詞なのかもしれないけど、
自分のために歌ってくれているような気持ちになる」
「どれだけ好きだったのか気付かされる。切なくてグッときます」
などHYの失恋ソングで泣かない人はいないかもしれません。

いかがでしたか?ランキングに入っている曲はもちろん、
他にも失恋のときに支えてくれる曲はまだまだたくさんあります!

失恋ソングを聴いてたくさん涙を流した後には、きっと笑顔になれるはず。
たとえ実らぬ恋であっても、
その経験は今後の恋愛や人生を豊かにしてくれるかもしれません。

あなたの背中を押してくれる一曲を見つけてくださいね!