【ストレスフリーな時間を過ごす!】ソロ活のメリットとデメリット

あえてひとり行動をして楽しむことをソロ活といいますが、
最近、積極的におひとり様で楽しむこの「ソロ活」が人気!

カフェや映画館、はたまた飲みに出かけることも
一人で行くのはもはや当たり前の時代に。

そこで今回は世間一般的にみた、
ソロ活のメリットとデメリットについて書いてみました!

【メリット】
1.自分ひとりの時間を満喫できる

真っ先に思いつくメリットは、
自分ひとりの時間が充実することではないでしょうか?
ショッピングにしろ食事にしろ、誰かと一緒に行動すると、
必ず相手のことも考えて行動しなければなりません。

しかし、たまには誰かに気を遣うこともなく、
伸び伸びと自分ひとりの時間を楽しみたい!
と考える人も多いはずです。
気兼ねなく自分の好きなことを行う時間を設けることは
人生に必要不可欠なことなのかもしれません。

2.すべて自分のタイミングで動ける

自分一人で動けるというのは、とても気が楽であり、
ソロ活の醍醐味といっても過言ではありません。
何をするにしても、全て自分の基準で動けるので
フラっと立ち寄ったお店で長居するのも、即退出するのもOK。

終始マイペースで行動できる開放感は、一度味わったらクセになりそうですね。

3.自分のことを見つめ直すことができる

誰かと一緒にいるとき、自分だけのことを考えるのは
なかなか難しいものです。
しかし、ひとりの時間が増えると、
自分のことだけにフォーカスして考えることができるようになります。

例えば、今まであまり好きではないと思っていたカラオケも、
ひとりで来たら意外と楽しかった!
なんてことも。
なぜなら、嫌だったのはカラオケではなくて、
他の人の歌を聞きながら場を盛り上げるために
気を遣うことだったと気付くかもしれません。

自分がなぜこれが好きで、なぜこれが嫌いなのか
判断できるのは一人の時間をしっかりつくることによって
できることなのです。

【デメリット】
1.あまり外交的ではない女性だと思われる

最近は一人カフェでしたり、一人映画などあまり珍しくもなくなりましたが、
やはり女性がひとりで行動している姿は多少目立ちます。

ですが、朗報です!
ひとりで行動してる女性に対して自立した大人の雰囲気を魅力的に感じる
という男性が、結構多いみたいです。
女性といえばグループで動くのが当たり前のようなイメージもあるので
ひとり行動をしている女性は知的でクールな印象がより引き立ちます。

2.その場で感動を共有することができない
感動する映画を観たときや、綺麗な景色を見て感動したとき、
その感動を誰かにすぐ話したくなることはありませんか?
そんなとき、ひとりだとリアルタイムで感動を分かち合う相手がいないのです。

顔をみてこの感動を分かち合いたい!
と思われる人は少し物足りなさを感じるかもしれませんが。
今はSNSで繋がる時代ですから、感動した出来事をSNSで投稿すれば、
誰かが反応してくれるかもしれません。

現代人は、日々時間に追われて過ごしているので、
ひとりの時間を持つことで将来のことを考える余裕ができたり、
ソロ活によって自分の新しい一面を発見することができます。

休日はソロ活に使ってみてはいかがでしょうか?