ストレス原因を根本排除!Noストレス女子を目指す方法5選

ストレスは目に見えないものですが、日々生活しているだけで誰しもが少なからずストレスは感じものです。ストレスを溜めすぎては日々の楽しいイベントや楽しみにしていることも楽しむことが難しくなってきます。

ここでは、私の実際にやってよかったストレス解消法5つをご紹介します。


1.「欲」をコントロールできるようになる

食欲や物欲など、人にはあらゆる欲求があります。

例えば食欲を一つとっても、現代の人間はカロリー摂取をしすぎと言われています。

少し小腹が空いたときにはネット一つで食べたいものを注文出来たり、コンビニにいくだけでなんでも購入できるという環境がそうさせている部分もあります。

ストレスが溜まり、うまく発散できていないと暴飲暴食をしてしまったり、そういう

「欲」を満たして一時ストレス解消できたかのように思えますが、これは根本的なストレス

解消にはなりません。今はこれ食べたいから食べたいだけ食べる!、これ必要ないけど

今欲しいから買っちゃおう!など、そういった一時的な欲は自分でコントロールできるようになりましょう。


2.運動不足解消

人間も本来は動物で、自然の中で体を動かし、生きてきた生物です。

ただ毎日デスクに向かう、部屋の中でこもりっきりとなると、運動不足に陥ります。

運動不足は、精神的にも体力的にもストレスになります。運動がどうしても嫌いという方は、仕事の帰りに駅1駅分歩いてみる、など小さいことからでもいいので習慣化してみましょう。運動を続けれる秘訣は、習慣化するということです。


3.自分自身と向き合う時間をつくる

私の場合、友人と飲みに出かけたりパーティするのが大好きで、以前は1週間のうちほぼほぼ毎日予定を入れていました。それはそれで楽しかったりもするのですが、自分と向き合う時間は「意識して取る」という大切さを今では感じています。

例えば、今後どういうライフスタイルを送りたいか、キャリア、恋愛などのことを自分自身で見つめ直したりする時間を少しでも持つことで、日頃のアクションを目標に応じて合わせて行くことができ、おのずと悩みも減ります。考えを整理するためにノートなどに記していくと考えをさらに整理できたりするのでおススメです。


4.大好きな趣味を持つ

どんな趣味でも、自分の大好きなことをしている時間はストレス発散になります。

趣味を持っている人と持っていない人では、大きくQOLも変わってきます。

特にこれと言って大好きな趣味はない…という人は、今まで行ったことのないジャンルの

イベントやコミュニティなどに参加することで自分にあった趣味を見つけることができる

かもしれません。


5.自然と触れ合う

例えば、太陽光。

日本では紫外線を浴びすぎるとシミやそばかすの原因となるため、できる限り太陽光は浴びない方が良いとわれていますが、太陽光を全く浴びないのも実は体によくありません。

日光を浴びることで作られる物質に「セロトニン」という脳内神経伝達物質があり、やる気や集中力を作る「ドーパミン」の仲間です。セロトニンは、分泌されることにより、精神を安定させ、幸福を感じやすくする効果があるため、「幸せホルモン」とも呼ばれています。うつ病予防に役立つ物質としても知られています。太陽の光を浴びて、セロトニンが生成されると気分の安定が期待できます。


また、波の音などもストレス解消効果が期待できることで知られています。波の音は1/fのゆらぎと言われ、例えばロウソクの炎がかすかにゆらめくような音にも類似します。

規則性と不規則性が程よくミックスされた状態が良いとされています。

仕事の忙しさやストレスの多い生活に毎日追われていると、なかなか脳がα波を出す機会がなくなってしまいます。そんな時には、波の音などを聴いてみると、脳が1/fのゆらぎを感じてα波を出して安らぎを与えてくれるはずです。


ストレス解消は人それぞれ自分自身にあった方法を探すのが大事です。

上記を参考に、あなたのベストなストレス解消法を見つけてもらえれば嬉しいです。