【上手な励まし方】あなたの一言で大切な人の気持ちを楽にする

生きていれば、誰でも落ち込んでしまう時はあります。
恋愛や仕事、人間関係や体調不良など、日々いろいろな問題が起こるものですよね。

気分が落ち込んでいるときは、やはり誰かに元気づけてもらいたいものです。
そして自分が辛いときもそうですが、
周囲の人が辛い思いをしている時にはどんな風に励ますべきなのだろう?
と、迷うことはありませんか?

そこで今回は、落ち込む人を励ます言葉についてまとめました!

1.「〇〇なら大丈夫だよ!」

仕事や恋愛で落ち込んでいる人は、自信を失ってしまうことがほとんどです。
特にネガティブ思考の人は、ちょっとした失敗でも自己嫌悪に陥りがちなので、
「あなたなら大丈夫、あなたならできる!」と励ましましょう!
自信を持てるようなポジティブな言葉で励ますと、
相手も勇気づけられて前向きになりやすいです。

2. 「心配ないよ」
人は暗闇の中に迷い込んでしまうと、不安な気持ちが増すばかりです。
中には「このまま一生暗い人生になるのではないか」と思い詰めてしまう人もいますね。
そのため、辛い状況も必ず変わる時が来るという気持ちを込めて、
「心配ないよ」と伝えるのも良いでしょう。
いつか終わりが来ると思えば、相手も希望が見い出せるようになります。

3. 「頑張ってるの知ってるよ」

努力が報われずに落ち込んでいる人には、
相手の力を引き出すような言葉をかけましょう。
向上心を持って頑張っていても、必ず壁にぶつかる時があります。
あなたが「頑張っているのを知ってるよ」と、
その人の努力を認めてあげることで、相手は壁を超える勇気が出てくるのです。

4. 「なんでも話聞くよ」
相手が落ち込んでいるように見えても、本人から何も言ってこなければ、
中々詳しい話を聞きにくいものですね。
そんな時は、「私で良ければ何でも聞くよ」と一言掛けてください。

「いざという時に相談に乗ってくれる人がいる」
と知らせてあげることがポイントです。
また、話を聞いてもらったというだけで気分が晴れて
「なんだかスッキリしてきたな」と思う人も意外と多いです。

5. 「頑張りすぎてない?」

プレッシャーに弱いタイプの人や、頑張ろうと力んでしまうような人には、
気持ちを和らげる言葉で励ましましょう。
「ちょっと頑張りすぎじゃない?無理しないでね」
といった言葉をかけることによって、
辛い状況に追い込まれて周りが見えなくなっている人でも、
肩の力が抜けて冷静に対処できるようになります。

6. 「いつでも応援してるよ」
目標などに向かって頑張っている相手なら、
応援してくれる人の存在が大きな励みになります。
周囲の期待を力に変えられるタイプの人であれば、
積極的に「応援しているからね」と伝えてください。
「自分を見てくれている」と相手が気づけば、何事もやる気が出るはずです。

7.「辛かったね」

落ち込んでいる時に、「誰かにこの気持ちをわかってほしい」
と共感を求めている人も多いです。
辛いことや災難に直面している人には、
自分が相手の立場だったらと想像して「大変だったね、辛かったね」
と言葉をかけましょう。
自分の気持ちが理解してもらえたということだけで、少しは気が楽になります。

直接ではなく、メールや電話などどんなツールでもかまいません。
言葉をかけてあげることで相手に気持ちが伝わります。

あなたの相手を思いやる一言で、
辛い状況にある人も、他人の優しさに触れることで心が癒され、
次への一歩が踏み出しやすくなると思います。

ただ、悩みを抱える人を励ますにはコツが必要です。
「頑張れ」など逆に相手を追い詰めてしまうフレーズもあるので、
言葉選びは慎重にしましょう。

まずは、相手に共感を示しながら
しっかり話を聞いてあげることからスタートしてみてください。
自分の気持ちを理解しようとしてくれる人の存在は、
落ち込んでいる人にとってかけがえのないものですよ。