【今つらいあなたへ】失敗は悪いことではない!失敗なくして成功なし!

人生において失敗という困難は誰もが数多くぶち当たるものです。

成功に失敗はつきものだ!
失敗せずに成功することはできない!
失敗しない人間は成功もしない!
とよく耳にするほど、むしろ失敗は成長には必要な要素と言えます。

「そんなことはわかっているけど、できるだけ失敗はしたくない」
と思っているあなた。
では、「失敗をしたほうが大きな成功をつかみ取れる!」
と断言したらどうでしょうか?
失敗に対する消極的な気持ちが少し変わってくるのではないでしょうか?

何かを達成させたいとき、
失敗はできるだけ早い時期にたくさんすることがベストです。
最初から失敗しにいくべきと言っているわけではなく、
ベストを尽くしつつも「失敗しないようにしなきゃ!」
に重きを置くのではなく、「達成する」ということに力を注ぐべきなのです。

失敗を恐れ、自分が居心地の良い領域ばかりで試行錯誤していては、
これまで以上の成長はなかなか見込めません。

失敗や間違いを犯した時、自分のことを責めていませんか?

あなたはその失敗をわざとやったのですか?
違うのであれば、今あなたがやるべきは自分を責めることではなく、
反省と改善です。
"どうすれば成功あるいは達成できたのか"
"次はどうすべきか"
"この失敗で迷惑をかけてしまった人は誰か"
これらを考え、行動することです。

大事なのは失敗を次につなげることです。
何かを学ぶには、失敗から正解を導きだすのが一番早い方法です。

例えば自転車。
あなたは自転車に乗れるようになるまでにどんなことをしましたか?
人から説明を受けただけですか?はたまた本で勉強しましたか?
きっとそうではなく、実際に自転車に乗って何度も転んだり、
ケガをしながら乗れるようになったのではないでしょうか?
これは自転車に限らずどの分野においても同じです。
私たちは小さいころからの教育の中で"失敗はしないほうが良い"を
中心とした教えに慣れてしまい、
いつの間にか自転車のような学習法を忘れてしまっているのです。

どこまでやったらいいのか、何をやってはいけないのか。
実際にやってみないとわからないことや思いもよらぬ発見もあります。

なのでできるだけ早く、たくさん失敗を経験しましょう。
失敗をおそれず挑戦することで、あなた自身が大きく成長できるのです。

失敗をしながら学習することは、その時は痛みや恥をかいたとしても、
自分の一生の財産になります。
失敗しつつ学ぶことは「次は失敗しないぞ」という思いから分析力も付きます。

失敗は、後の成功のためにすべき経験です。
ただやみくもに失敗をするのではなく、失敗から得た情報を分析し、
成功のための判断材料にすることが大切になります。

失敗はしていいですし、失敗の数だけ学びも増えます。
悲観的に思うことなどありません。

もし今あなたが失敗に落ち込んでいるのだとしたら、
その思いをネガティブに捉えるのではなく、
前向きに、今後に生かせるように捉え方を変えてみてください。
きっとあなたの強い武器、経験となります。