【女子力もコミュ力もアップ】ソロ活でポジティブ脳に!

SNSが浸透し、毎時間人と繋がっている感覚があるせいか、
最近では「ひとりでいる」ということに
寂しさを感じない人がどんどん増えています。

むしろ「ひとり最高!」「ひとりのほうが楽しい!」
という声まであるくらいで、「ひとりは寂しい」という概念はもう古いのです。

さて、現時点でまだソロ活に抵抗があるあなたへ、
ソロ活がいかに素晴らしいものかということをお話します!
きっと読み終わるころには、ソロ活に出かけているはずです!

そもそもソロ活とは自分一人で充実した時間を過ごし、楽しむことをいいます。
カフェでひとりで過ごすこともソロ活ですし、
ショッピングをひとりで行くことも立派なソロ活です。

さて、ソロ活を楽しんでいる人としていない人では
どんなことに違いが出るのでしょうか?
ソロ活をオススメする理由をご紹介します!

【その1.好きなことや嫌いなことがはっきりする】

例えば、友達と一緒に行く旅行では勝手気ままに
ひとり行動をすることは出来ないと思います。
友達と一緒にいるのだから相手に合わせることや我慢をすることは
当たり前ですよね。
ですが、ひとりで何かをするということは、
出かける場所も時間もすべて思い通りに行動できるということです。

ですので、自分の「好き」を具体的に知って自尊心が高まり、
自分のことを愛してやまないようになる、といいます。

そもそも、自分の好き嫌いをあまりよくわかっていないと、
急にひとりで過ごさなくてはいけなくなったとき、
何をすればいいかわからなくなりませんか?
この瞬間、人に頼りっきりだったのだなと思わされるのです。

一方、日頃からソロ活をしていると、
せっかくできた休みを大事に使おうと、行きたかった美術館や観たかった映画など、
好きなことのストックを存分に引っ張り出すことができます。

【その2.自分に自信が付く】

誰かに頼ることが多い人も、あえてソロ活をして一人で行動してみましょう。
自分の決めたことがうまくいけば自分の成果、失敗すれば自分の責任です。

その繰り返しでだんだんと良い結果も増えてきます。
成功体験が増えれば、自信もおのずと自身がつきます。

人に頼るということは楽ですが、
ひとりで過ごすという時間を取り入れることによって
新たな学びを得られるかもしれません。

【その3.日頃の疲れを癒す究極の時間】

人生における辛さって大半が人間関係絡みだと思います。
「仕事がつらい」という言葉も、分解すると「上司とそりが合わない」
「部下のミスにイライラする」「取引先に嫌な人がいる」など
「つらい」の中に人が絡んでいないことってほとんどないはずです。

では、様々な人間関係に疲れてしまい、ネガティブな気持ちに陥っている時、
ポジティブな気持ちへ変換するにはどうしたら良いのだろうか?
と考えたとき、
ひとりの時間を大事にすることで、
普段おろそかにしてしまっている自分の価値観をあらためて認識し、
本当に大切にしたいことを見つめ直すきっかけになるはずなのです。

評価軸を他人に置くのではなく、
自分軸で健やかに過ごすことで羽を伸ばせる感覚がすごくあると思います。


ソロ活をするとひとりだから味わえる自由があり、
「人に合わせない」という一つのスキルを身に着けることもできます。

誰かと過ごす時間も幸せですが、
ひとりでないと味わえない自由があると思います。
そんな贅沢な時間を体験しましょう!