【日本も変わる?】アメリカでは当たり前のオンライン結婚

「出会いがない」「彼氏がほしい」と思っていても、
仕事は忙しいし、合コンや婚活パーティに
積極的に参加するほどの行動力もない。
でも出会いがほしい…。
なんて嘆いているそこのあなた!

「いつか私にも素敵な出会いがある」
と思って生きてきたけれど、
今の生活のままだとこの先も出会いはないかもしれない。
そんなふうに思うのであればぜひ使ってみてほしい
「オンラインマッチングサービス」

アメリカでは結婚しているカップルの1/3は
インターネットを通じて出会っているといいます。

ネットを通じた出会い、いわゆる「出会い系」と聞くと、
抵抗感を持つ人がいるかもしれません。
ですが、最近は日本でも利用している人が多く、
実際私の友人も使っているという話を聞くので
とても身近なものになっていることを実感します。

出会うまでに会場に足を運ばなければならない
婚活パーティや合コン、街コンなどのイベントに比べて
オンラインであれば、その手間も時間も必要がなく、
手軽に相手を探すことができる使いやすさが、
人気なのだと思います。

また、普段から「出会いがない」「彼氏ができない」
という言葉が口癖になっている女性の中には、
自分からアクションを起こすのが苦手な人もいると思います。

その点、マッチングアプリは空き時間に気軽に利用でき、
フィーリングが合わないと感じる男性とは会う必要も、
メッセージを続ける必要もないのでハードルが低いといえます。

ですので、
「異性を目の前にするとなかなか行動することができない」
という受け身の女性でも、直接相手を目の前にすることがないので
最初の一歩に最適なツールなのです。

さらに、
このオンラインマッチングアプリが普及したことによって、
これまで存在しなかった社会的繋がりをつくり、
異人種間で結婚する人も増えてきています。

これまで一切関わりのなかった人と知り合うことができたり、
以前は決して存在しなかったであろう社会的つながりを
築くこともできるのです。

出会い系サイトにはメリットもあればデメリットもあると思いますので、
使ったことがある友達にどんな感じのものなのか
聞いても良いかもしれません!

オンラインを駆使して何かをすることが盛んになってきている今、
結婚に否定的な考えを持っている日本人の若い人たちが
マッチングアプリによって結婚をする人が増えたら素敵ですね。

社会全体として考えれば、オンラインマッチングサービスは
かなり有益なものだと思います!