【未婚女性に読んでほしい!】30代で結婚するために必要なこととは?

結婚はするとなればできるし、30代前半だからまだ大丈夫だろう。
なんて独身生活を謳歌しながら油断をしていると、
あっという間にアラフォーに近づいて急に焦りを感じ始めることに。

いざ「結婚したい!」と思っても
歳を重ねるとなかなか思うようにいかないのが現実。

30代を超えたあたりからは、仕事も忙しくなり
なかなか出会いがないという状態になるので、
結婚願望があるのなら早めに動いたほうが良いのです。

かといって、結婚したいという気持ちが強いあまり、
ガツガツとアピールすると男性に引かれてしまい
消極的すぎる行動も結婚には結び付きません。

では、
30代独身女性が結婚するために必要なこととはどんなことでしょうか?

1.高望みをすると失敗する

結婚を望む多くの女性は、
「ふつうの男性でいいから結婚したい」と言いますが、
女性たちの考えるふつうの男性とは、対外ハイスペックな男性です。
ふつうの収入、ふつうのやさしさ、ふつうの顔、などなど。
ふつうをひとつ望むだけで、自然と条件が高くなってしまいます。

2.アクセサリー感覚で相手を選ばない

人に紹介するときに、自慢できる男性と結婚したい!
という女性も多いですが、相手に対して失礼な話です。
良いブランドを身につけていたい、
という感覚で男性を選んでいると結果的に結婚が遠のきますよ。

当たり前ですが、付き合う男性の本質をみること。
また、自分のプライドを満たすためではなく、
「相手を幸せにしよう」という気持ちが大切です。

3.付き合いを楽しむ

結婚を意識すればするほど、付き合いが楽しくなくなってしまいます。
なぜなら、結婚というプレッシャーを自分も相手も感じるからです。
カップルは、2人が幸せな気持ちにならなければ、
いい付き合いになりませんし、結婚にも繋がりません。
結婚するためにも、まずは「楽しい」をたくさん感じましょう。

4.思いやりの心を持つ

結婚は、自分が幸せにしてもらうことではなく、
相手を幸せにすることがとても重要。
自分のことだけではなく、
思いやる心がなければ一生一緒にいることは難しいですね。

30代でも独身でいる女性はたくさんいますが、
結婚を望むのであれば、
今一度自分自身を見直す必要があるのかもしれません。

これまでの自分と違った行動をとることは、
なかなか勇気がいることかもしれませんが、
一歩踏み出してみると新たな道が切り開かれる可能性は大いにありますよ!