【独身女性必見!】ソロウエディングに踏み切る世の中の女性の本音とは

2014年頃から流行り始めた「ソロウエディング」
私は今しがたこのようなものが存在することを知りました。

"ソロウエディング"という言葉のインパクトが強くて
聞いた瞬間に調べよう!
という気を起させるほどでした。

ソロウエディングとは
「一人で本格的な結婚式を体験できる」というサービスです。
ドレス選びからプロのヘアメイク、そして撮影まで
結婚式さながらで一生の思い出作りに最適です。
結婚式と言っても友人を招待するわけではなく、
写真撮影がメインのようです。

そんなソロウエディングですが
実際、世間の女性たちはどう感じているのでしょうか?

興味はあるけれど、一般的にはどうなの?
と思われている方の背中を押すべく
ソロウエディングに対する気になる女性の本音をご紹介します!

1.ウエディングドレスは永遠の憧れ

「結婚しなくてもウエディングドレスは着てみたい!」
「一生ウエディングドレスを着る機会がないかもしれないから
この機会に着てみたい!」

女性にとって特別なパワーを持つウエディングドレス。
結婚式とは別で、「純白の美しいドレスが着れるならそれで満足」
という方も意外と多いのです。
プロの手で仕立ててもらった美しい自分の姿に、
思わずうっとりしてしまいそうです。

独身女性の中には「結婚はしたいけれど現実はまだ未定、
だから、自分が望んでいたタイミングでせめてドレス姿だけでも…」
とソロウエディングに踏み切る方が多いのかもしれません。

2.綺麗な姿を記念に

「綺麗なうちに記念に写真を残しておきたい!」
「自分が一番輝いている時にドレス姿の写真を残しておきたいから」
結婚自体は、何歳になっても可能です。
しかし、美しいドレスが似合う時期というのは、
実は限られているのかもしれません、、
今、この瞬間、自分の美に自信を持っていられる時期に
特別な写真を残すことで、いい思い出になるのでしょう。

3.純粋に楽しそう!

「楽しそう。自分の殻をやぶることができそう」
「あまり知られてないけどおもしろそうだから」

プロのメイク、プロの撮影のため、
なんだかとっても楽しそう!と考える女性も多いようです。
周囲の目線や、ソロウエディングをする意味なんて、
深く考える必要はありません。
おめかしをして写真を撮ってもらうのは、
何歳になっても楽しいものです。
特別な体験をすることで、
女性としても一歩成長できるのかもしれません。

4.家族のために

「バツイチシングルマザーで、
母が私のウエディングドレスを見たかったと今でもよく言うので」
「一度はウエディングドレスを着て両親に見せたい」

ウエディングドレスを着て写真を撮影することは、
一つの親孝行なのかもしれません。
さらに、感謝の手紙も一緒に添えることで、
温かな雰囲気のソロウエディングになりそうですね。

世の中の多くの女性は意外とソロウエディングに
良いイメージを持っているのです。

何も準備はいりません!
女性が自分の力で生きていくこのご時世で
自分で稼いだお金を自分のために使うことが当たり前になっています。

ソロウエディングのような特別な1日を
いつも頑張る自分へのご褒美にしてみてはいかがでしょうか。