【職種によっては結婚できない?!】未婚率の高い職業TOP3!

日本は、男性で約4人に1人、
女性で約7人に1人が生涯未婚になるといわれています。

では、未婚女性の多い職業は一体どんな仕事なのでしょうか?
ランキングでご紹介します!


◆第3位 管理職◆

リーダーシップや問題解決能力が求められる「管理職」

企業の中では重要なポジションとなるため、
責任感も役割も多い職種です。

仕事上、連日飲み会が開催されることがあるため、
男性と同じくらいの体力と精神力を持つ女性が多い特徴もあります。

そんな管理職が結婚できない理由として、
キャリアアップのために恋愛や結婚よりも
仕事を優先してしまったことが一つの原因でもあります。

仕事に意欲的な女性なら昇進を目標に無我夢中で働くでしょう。

出会いが多い20代や30代にキャリアアップを
諦めることができなくて仕事を重視した結果、
いざ「恋人が欲しい」「そろそろ結婚したい」
と気が付いたときにはアテがなく、
出会いも少ないということが現状です。

しかし、
そんな管理職の女性も結婚を諦める必要はありません!

将来的にも仕事を継続する気持ちがあるのなら、
生活をサポートしてくれる人を見つけることが一番。

さらに、苦渋の選択になる方もいるかと思いますが、
結婚を期に退職すること。
管理職と結婚生活を両立している人もいますが、
「出産、育児」となると現実的には難しいです。
これは、今まで積み上げてきたキャリアに
終止符を打つことになるので相当な覚悟が必要かもしれません。

◆第2位 情報処理技術者(SE・プログラマ・エンジニア)◆

IT時代になったことでより名が知られるようになった
「エンジニアやプログラマー」

男性と肩を並べてパソコンの前に座り、
プログラミングするハードな仕事です。

精神的にも肉体的にも、
かなりタフでなければ続けられない仕事といえます。

また、納期などが迫ると、
睡眠時間もまともに取れないなんてことも。
その場合、プライベートの時間もほとんどありません。

そんなプログラマーやエンジニアが結婚できない理由として、
先程も話したように、ハードな仕事内容であることが原因です。

また、個人スキルでお給料が反映される仕事でもあるので、
日々勉強をし続けることも必要です。
OLと比べて帰宅時間が遅く、プライベートの時間も少ないのです。

しかし、逆に男性の比率が多い業界なので
女性が結婚相手を見つけ出すことも難しくないのです!
「同業や嫌…」なんて毛嫌いするのではなく、
周囲を見渡せば、実は素敵な男性が見つかるかもしれません!


◆第1位 美術家・デザイナー・写真家・映像撮影者◆

自分自身の才能を仕事とする「美術家、デザイナー、写真家、映像撮影者」

美術家やデザイナーは、作品作りのために自身と向き合ったり、
集中する時間が必要である場合が多いです。
また、写真家や映像撮影者は、仕事によっては出張があったり、
急な依頼が多くあります。

会社員とは違い、労働時間や勤務時間、休日などは
ほとんど決まっていない特殊な仕事といえます。

自分の好きなことで稼げることは大きなメリットですが、
収入が不安定という点がデメリットで挙げられます。
実力によっては生活そのものが左右されてしまうかもしれません。
もし、結婚後も今までと変わらず仕事を続けていきたいのであれば、
理解のある男性と共に協力し合い、
仕事に向ける時間を考え直したりすることも大切になってきます。

このランキングで紹介した未婚率の高い職業は
ハードな仕事内容が多く、プライベートの時間が少ないという特徴があります。

仕事が原因で結婚できないなんて悲しいことは考えず、
素敵な男性との出会いを信じて婚活しましょう!